言語聴覚士(ST)のスーパーバイズについて


このたびは、言語聴覚士による専門家の臨床/療育スーパーバイズをご検討いただき、ありがとうございます。

 

下記の諸事項をご確認いただき、料金を含む全てをご了承くださる場合のみ、お申し込みください。

対象

個別の言語・コミュニケーション指導を担当している専門家(言語聴覚士、言語通級指導教室の教諭、臨床心理士、臨床発達心理士など)

 

担当者

飯塚直美(言語聴覚士) 

※職歴、主な著訳書などは、下記よりご確認ください。

 

内容・方法

下記のいずれか

1) 飯塚がSV希望者の勤務先に赴き、SV希望者が自閉症スペクトラムのお子さん(幼児~高校生)の言語指導/コミュニケーション指導を行っている様子を、同室して、あるいはモニターを通して観察させていただき、指導プログラム、教材、構造化、視覚支援、予告やフィードバックの方法、保護者の支援などについて助言いたします。直接観察が難しい場合は、ビデオ(録画)による検討でも結構です。

 

2) よこはま発達相談室に臨床/療育(自閉症スペクトラムの方の言語指導/コミュニケーション指導)のビデオ(DVDまたはSDカード)や参考資料を持参していただき、それらに基づいて助言いたします。

費用

1) SV希望者(1名でも複数名でも可)の勤務先に赴く場合

 

移動を含む拘束時間が半日(5時間)以内: 5万円(税別)

移動を含む拘束時間が半日(5時間)以上(9時間以内):9万円(税別)  

なお、いずれも交通費は別途支給

 

2)SV希望者(1〜2名)がよこはま発達相談室にビデオ(DVDまたはSDカード)を持参する場合

 

半日(3時間):4万円(税別)

1日(6時間):8万円(税別)

注意事項

必ず保護者および勤務先の同意を得てください。

なお、ご不明点がございましたら、info@ydc-r.comまでお問い合わせください。