どこよりも丁寧に、正しい支援を。

  

『評価が詳細で、子どもの特性がとてもよくわかった』

『子どもがいつも楽しみにしているし、子どもの得意や苦手について丁寧に説明してくれる』

『どの先生も穏やかで、子どもも親も、とても相談しやすい』

 

よこはま発達相談室をご利用の皆様から頂けるお言葉です。

 

よこはま発達相談室は、日本の自閉症臨床の第一人者として知られる内山登紀夫が設立した発達障害専門の療育機関です。

   

当室では一人ひとりに合わせた専門性の高い支援を提供するために、発達障害に関する正確な知識と豊富な経験を持つ、言語聴覚士・臨床心理士による評価・療育・相談を行っています。

 

私たちが提供しようと思っていることは、正確な評価に基づく援助方針の設定です。

評価は、今後のご本人(お子さん・成人)の指導や援助に役立てていくための大切なステップです 支援のプランやアイディア は、一人ひとり違います。

私たちは、一人ひとりにあった、適切な支援を考えていくために、保護者との情報共有を重視し、評価の結果などは保護者の方に、詳細かつ明確に伝えます。

 

また、発達障害の正しい理解と対応がなされるために、専門家養成のための研修や啓発も大切な目的にしているため、専門家や保護者の方向けのセミナーも数多く開催しています。

 

よこはま発達相談室ってどんなところ?